信販会社の無担保ローン

信販会社の無担保ローン

無担保ローンを提供している金融機関は非常に多く、そのためローンを利用する際にどこがいいのかわからない事も多いと思います。

 

金利が低めで尚且つ審査も早く手続きが簡単に済むローンがいいと誰しも思いますが、では信販会社の無担保ローンは審査や金利、限度額がどのようなものか?

 

 

信販会社といえども色々と会社がありますので、その会社ごとにローン商品の内容は異なります。

 

又、多くの信販会社では、非常にローン商品が豊富なので、利用者のニーズに合わせたローンを選び申込む事ができます。

 

 

例えば信販会社では、融資限度額が「10万円〜500万円」で「金利7%〜17.5%前後」の無担保ローンもありますし、おまとめ目的で利用可能なローンもあります。

 

更に教育資金やリフォーム、ブライダル等に利用出来るフリーローンもあり、信販会社のローンは色々なニーズに対応できるローンが豊富に存在します。

 

 

ただ、信販会社の無担保ローンの場合は、金利の面で考えるとやはり、やや高めのローン商品となりますので、利用の際はよくこの金利の部分も考え計画的に利用しなくてはいけません。

 

更に教育資金や医療費、介護関連の資金として利用出来るローンの場合は、金利が高い場合で「9%前後〜17.5%」という金利になるため、そうなるとやはり公的金融機関での借入れや銀行により借入れするよりも金利が高くなってしまいます。

 

 

信販会社による無担保ローンの場合、審査においても非常に早いわけではなく、1週間前後はかかる会社もありますので、急な要り用、ピンチの時には少々待ちくたびれる感もあります。

 

勿論、信販会社により非常にスピーディーな対応が可能な会社もありますし、2日程度で融資が完了となる会社もあるので、会社により審査の早さや柔軟性は異なります。

 

しかし信販会社での無担保ローンの利用を考える場合は、やはりより早い審査を実現し、尚且つ審査の柔軟な会社に申し込む事により契約はスムーズにいくので、信販会社での無担保ローン利用を検討する場合は、信販会社の無担保ローンはどんなものか?という部分を口コミや評価等で確認し、下調べしてから検討する事も大切です。

 

各金融機関の無担保ローン

無担保ローンの数、種類は非常に豊富です。

 

大体無担保ローンは、政府の金融機関でも提供しているので、利用者の利用しやすい無担保ローン商品を今ではいくらでも選んで利用する事も可能です。

 

しかし、これだけ無担保ローンの商品数が多いので、どれが一番利用しやすいかが中々わからない場合も多いと思います。

 

ですから、無担保ローンを利用する場合には「金利の種類」「金利」「審査の柔軟性」「審査のスピード」「利便性」「限度額」等をよく確認し見比べ検討していく事が大切です。

 

 

金利の部分から比較すると「公的金融機関」?「銀行」?「ネット銀行」?「信販会社・消費者金融」となりますが、銀行といえども無担保ローンの種類により消費者金融や信販会社の無担保ローン商品と略金利が同じものもありますので、無担保ローンを利用する場合は、各金融会社の商品はよく確認し、見比べる事が重要です。

 

 

銀行の無担保ローンは、金利でみるとおおよそ「3%〜15%」以内で無担保ローン商品が提供されており、変動金利と固定金利では変動金利の方が借入時に伴う金利が低いです。

 

銀行の無担保ローンの特徴は、銀行といえども目的を持つ無担保ローンは金利が低いが、目的を持たない無担保ローンは金利が他金融業者と変わらないという事が考えられます。

 

つまり「銀行=金利が低い」というのは各無担保ローンにより異なるので「×」となります。

 

だからこそ、金利の低い無担保ローンを利用したいので銀行で借りるという場合は、銀行には金利の低い無担保ローンも実際あるが、金利が高めの無担保ローンもあるという事なのでその辺をよく踏まえ検討しなくてはいけないのです。

 

 

ネット銀行による無担保ローンは、非常に利便性が高いのが特徴で、審査、融資のスピードが非常に早い事が考えられます。

 

限度額の部分をみても非常に大きく、限度額の大きな無担保ローンを利用したい場合は、ネット銀行での申込みもお勧めですが、金利の部分は、各ネット銀行によるもののやや高めとなり大体「5%〜15%」以内となりますが、場合により最低金利がそれ以下のネット銀行もあり最高金利も18%程度で設定されているところもあります。

 

 

このように各金融機関、金融業者により金利やその他商品の内容は異なるので、利用の際には、各業者の違いをよく見極め検討する事が負担のない無担保ローンの利用につながります。